121102_SMF2012WS_flyer_web.png

札幌メディア・アート・フォーラム運営委員会(SMF)による、学生とプロによる「コトバ・ワークショップ2012」が開催されます。フライヤーは こちら(PDF7.6MB)

SMF「コトバ・ワークショップ2012」
体験と言葉を活用した「アイディア発想」の場をつくる濃密な2日間!!

あなたは、伝わっていますか?
将来、絵を描くひとも、受付に立つひとも、教壇に立つひとも、ガンガン営業するひとも、研究に没頭するひとも、社長になるひとも。どんな仕事につこうとも、言葉は人にものを伝える基礎になります。
自ら情報を集め、コンセプトや表現を考え、人に伝える二日間の作業。
その経験で、あなたは何をつかみとることができるでしょうか。 

開催日程:1日目 11月17日(土) 11:00-17:00
     2日目 11月18日(日) 10:30-21:00
     <2日間連続 ※雨天決行>

当日スケジュール:
 1日目 10:50開場/11:00スタート
     オリエンテーション(テーマ・フィールドワークエリアの発表)
     フィールドワーク(まちあるき)
     中間シェア

 2日目 10:20開場/10:30スタート
     コンセプト&キャッチコピー制作
     プレゼンテーション
     成績発表&交流パーティ

メイン会場:Dip & Merry
      札幌市中央区南3条西2丁目1-5 Hotel Rasso 2F
      (地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」 徒歩1分)

参加者対象:学生(大学院・大学・短大・専門学校生)
      ※2日間連続で参加できる方に限ります。

定員:25名

参加費:2,000円 ※通常料金の半額以下になっています。
(込:フィールドワーク経費、昼食代、成績発表&交流パーティー参加費)

持参するもの:スマートフォン、もしくはデジカメ、筆記具、防寒着、雨具など

申し込み方法:各学校担当の先生へ(フライヤー 4P掲載)
       または、下記SMF事務担当へ
       インタークロス・クリエイティブ・センター(池田)
       info@icc-jp.com  TEL.011-817-8911 FAX. 011-817-8912
       ※参加申込書や申込先一覧などの詳細は、フライヤーに掲載

募集〆切:11月9日(金) 先着順。定員次第締切

ファシリテーター(現役コピーライター5名):
池端宏介氏/東井崇氏/長岡晋一郎氏/三枝史子氏/三浦清隆氏

主催:札幌メディア・アート・フォーラム運営委員会(SMF)
    (産学官連携活動体)

協力:情報文化学会北海道支部

後援:札幌市

head.jpg photo02.jpg

2011年11月5, 6日、札幌メディア・アートフォーラム コトバ・ワークショップ 2011が開催されました。20名の学生がプロのコピーライター講師陣とともに札幌の街をフィールドワークし、札幌のコトバ化に挑戦しました。

ワークショップの締めくくりでは、全員参加によるチーム対抗プレゼンテーションとディベート、投票により、ベストワーク賞が選出されました。また、各講師が独自の視点で参加者を表彰する、「私のイチオシ賞」の発表も行われました。

<優勝>
チーム 「SMAFY」(狸小路・資生館小学校周辺エリア)

  • 一回戦
  • 地名なんかついたら、 高級住宅地に なっちゃうじゃないか。
  • 「となりのレトロ」、上映中。
  • 昭和八十六年の町。
  • コクのある街並みが おしゃれのスパイスで
    スープカリーのように 味わいぶかくなりました。
  • 常連と呼ばれるお店が 三軒できた。
    住んではいないけれど 住民になれた気がする。
  • 決勝戦
  • 資生館小学校の裏庭で、 おとながかくれんぼ。
  • 続いています、昭和のロスタイム。
  • はじっこが いちばんおいしいの。 たい焼きもカステラも、 この街も。
  • 女子だって おじさんになれる。
  • ガラケーな町並みに スマホなお店が 並んでいます。

<2位>
チーム 「おにく」 (あけぼの・山鼻地区)

  • 一回戦
  • 方向オンチで よかった、わたし。
  • トイレだけじゃない ワタシの居場所。
  • おじさん、 残業やめれば?
  • あき地もグローブもある。 あとは、 いそのをさがすだけ。
  • おはよう、八百屋さん。 おかえり、椿姫さん。
  • 決勝戦
  • キレイなだけの 街並みは すきですか?
  • 正しいヤツには あえない道がある。
  • さよなら、 オサイフケータイ。
  • ガタン。ゴトン。 ごめん。いいよ。 ひとの音が流れる。
  • くずれそうな アパートの窓にも 「がんばろう日本」

<3位>
チーム 「New貴族院」(すすきの・東本願寺周辺エリア)

  • 一回戦
  • ホストがダッシュしてた。
  • 60分だけ 愛してる。 延長込み
  • 〜 〜 〜
  • CHU!CHU!キノ
  • 小道の方が 世界は広い。
  • 三位決定戦
  • まだ寝てる、街が。
  • 猥 猥 (わいわい)
  • 愛、売ります。
  • 知りたくないから、出て行った。
  • うそほんと うそうそほんと うそほんと

<4位>
チーム 「カリー」 (札幌駅周辺エリア)

  • 一回戦
  • 人にチカい 歩行空間
  • 雪の降る駅、手を振る二人。
  • 120センチの あの子だって 札幌一のノッポさん。
  • ここで迷子になれたら 本物です。
  • 「本州よりも あったかい 自信があります。」
  • 三位決定戦
  • 方向音痴が 迷ってない!!
  • 「がっかりするか 確かめに来なさい。」 時計台
  • ここなら待てる、 時間にルーズな 彼のことも。
  • 「とりあえず、サツエキ。」 無計画なデートの日に。
  • どうも、道庁のガイドです。 茨城出身です。

SMFコトバ・ワークショップ2011「私のイチオシ賞」

  • 「池端宏介」賞:
     方向オンチで よかった、わたし。
     関根ちひろ(札幌市立大学4年)
  • 「東井崇」賞:
     「本州よりも あったかい 自信があります。」
     田中奈緒(北海道芸術デザイン専門学校2年)
  • 「長岡晋一郎」賞:
     資生館小学校の裏庭で、 おとながかくれんぼ。
     米田香菜子(札幌市立大学4)
  • 「三枝史子」賞:
     CHU!CHU!キノ
     中村春香(札幌市立大学4年)
  • 「三浦清隆」賞:
     うそほんと うそうそほんと うそほんと
     中村葉月(札幌市立大学3年)

SMFコトバ・ワークショップ2011 ダイジェスト

trial2011.jpeg

SMFトライアル2011 Webサイトhttp://trial.smf.vc/にて、トライアルの結果発表が行われています。

10月1・2日に行われたSMFトライアル2011は、「もしも私が市長だったら」というテーマのもと、初の札幌駅前通地下歩行空間での開催となりました。各チームの個性的な提案の中、以下の大学・チームが受賞されましたのでご報告致します。おめでとうございます。

グランプリ 北海道教育大学(岩見沢校) 新学期
優秀賞 札幌国際大学 丘の上にも3年
優秀賞 北星学園大学 短期大学部 musubime
特別賞 北海道情報大学 Hi-UP
特別賞 北海道大学国際広報メディア・観光学院 アソビバ
市民賞 北星学園大学 短期大学部 oyaji

なお、当日の会場の様子や各チームのプレゼンテーションの内容を、以下のリンクからもご覧いただけます。プレゼンテーション要約文や制作資料はもちろん、当日収録したの各チームプレゼンの動画も見ることができます。

>>2011 大会模様
>>2011 Team

trial2011.png

今年で7年目となる北海道唯一の学生グループによる対抗・提案コンペティションです。 課題テーマに対して、道内の各学校から参加したグループが、コンセプト立案から制作・展示、プレゼンテーションを行います。

今年のテーマ:「もしも私が市長になったら。」

>> トライアル2011募集要項 ダウンロード (1.5MB)

申込期間:2011.8.1(月) - 8.26(金)必着
開催日:2011.10.1(土) / 2 (日)
開催場所:
 札幌駅前通地下歩行空間
 ブース展示会場:憩いの空間
 プレゼンテーション会場:北三条交差点広場

主 催:札幌メディア・アート・フォーラム(産学官連携活動体)
    札幌駅前通まちづくり株式会社
協 賛:財団法人さっぽろ産業振興財団インタークロス・クリエイティブ・センター
協 力:情報文化学会北海道支部
後 援:北海道経済産業局、北海道、札幌市、札幌市教育委員会

問い合わせ先:
SMF 事務局担当 札幌市デジタル創造プラザ(担当:ICC 池田・岡田)
〒0 6 2 - 0 9 0 1 札幌市豊平区豊平1 条12 丁目1 -12
TEL: 011-817-8911
FAX: 011-817-8912
E-mail : info@icc-jp.com

第6回 SMFシンポジウム 創造都市sapporoへの成功戦略4

都市空間と創造的産業の連携戦略
二子玉川地区「クリエイティブ・シティ・コンソーシアム」を事例として

SMF_sym11.png

>> シンポジウムご案内のPDFをダウンロード(696KB)

101202_repImage.jpg

去る2010年11月27, 28日、札幌メディア・アートフォーラム ワークショップ 2010が開催されました。22名の学生がプロのコピーライター講師陣とともに札幌の街をフィールドワークし、札幌のコトバ化に挑戦しました。市民がもっと札幌を好きになる、もっと札幌が楽しくなる「コトバ」が見つかったでしょうか? ワークショップの締めくくりでは、全員参加によるチーム対抗プレゼンテーションとディベート、投票により、ベストワーク賞が選出されました。また、各講師が独自の視点で参加者を表彰する、「私のイチオシ賞」の発表も行われました。

ベストワーク賞 - 二条市場チーム

二条市Bar  浮きあかりの下 飲んで、つまんで おしゃべりして
きっとどこカニ。  出口を見つけても、またそこは入り口だった。
いつものください、って 言っちゃったワタシ。
10メートルを、 10分かけて

二人で歩いていたら ご夫婦ですか、と 聞かれました。
あしたは試合だ。 勝ったら、二条。 負けたら、同情。
二条茶飯事。  夫婦喧嘩、 無言の笑み。
ダシのあるヤツでいたい。

2位 - オヨヨ通りチーム

夢、売ります。
オヨヨの空気は古書店と おんなじ匂いがしました。
見逃した世界、覗いてみませんか 探検の旅へ
道を一本間違えたのが 正解でした。
住所不定、多職、 オヨヨ通り。

オトナ ヨリミチ ヨリアッテ
あなたの青春キネマ、 オヨヨ各所で放映中。
30年振りの出会い 期待しませんか  発見の旅へ
細長いタイムカプセルを 開けてみませんか。
札幌さん、 はぶいてくれて ありがとう。

3位 - 狸小路チーム

狸小路273丁目
ポンデミック
一本路抜け路
O−PON
屋根はあるけど カベはない

この たぬき!
寄り未知しよう
一本路迷い路
創業八十年 井上青果店
バカサレ!

駅前通りチーム

ようこそ未来 すべての物語は、この道から
前向きに進んで、 こんなに後悔したことなかった。
手をつないだら、 ゆっくり歩きたくなりました。
その通り! 変わりました。

未来に向かって、まっすぐ行こう 疲れたら、横を見よう
何度も通ってるんでしょう? でも知らないんでしょう。
このまちの未来の中で ぼくたちもいっしょにてくてく してたらいいね
いつも通り ずっと新しい

すすきのチーム

こんなの ススキノにあったんだ。
宝は ネオンによって 隠されてました。
夜の恋にオヤスミ、 朝の鯉にオハヨウ。
スッピンを見て、 惚れなおした。

ススキノのマンションの窓から 花に水をやる人がいる。
部屋の窓から キャッチの人が見えちゃう。
「うち来ない?」 意外な駅で 降りました。
ススキノを 毎朝ジャック ランドセル

SMFワークショップ2010「私のイチオシ賞」

「池端宏介」賞:新岡七瀬(北海道教育大学岩見沢校)
「大坪徹」賞:重乃可奈(札幌市立大学)
「佐々木葉子」賞:遠藤佑介(札幌国際大学)
「長岡晋一郎」賞:石澤静香(札幌市立大学)
「三浦清隆」賞:米田香菜子(札幌市立大学)

ワークショップ2010 ダイジェスト