2011.11.6コトバ・ワークショップ 2011 レポート

head.jpg photo02.jpg

2011年11月5, 6日、札幌メディア・アートフォーラム コトバ・ワークショップ 2011が開催されました。20名の学生がプロのコピーライター講師陣とともに札幌の街をフィールドワークし、札幌のコトバ化に挑戦しました。

ワークショップの締めくくりでは、全員参加によるチーム対抗プレゼンテーションとディベート、投票により、ベストワーク賞が選出されました。また、各講師が独自の視点で参加者を表彰する、「私のイチオシ賞」の発表も行われました。

<優勝>
チーム 「SMAFY」(狸小路・資生館小学校周辺エリア)

  • 一回戦
  • 地名なんかついたら、 高級住宅地に なっちゃうじゃないか。
  • 「となりのレトロ」、上映中。
  • 昭和八十六年の町。
  • コクのある街並みが おしゃれのスパイスで
    スープカリーのように 味わいぶかくなりました。
  • 常連と呼ばれるお店が 三軒できた。
    住んではいないけれど 住民になれた気がする。
  • 決勝戦
  • 資生館小学校の裏庭で、 おとながかくれんぼ。
  • 続いています、昭和のロスタイム。
  • はじっこが いちばんおいしいの。 たい焼きもカステラも、 この街も。
  • 女子だって おじさんになれる。
  • ガラケーな町並みに スマホなお店が 並んでいます。

<2位>
チーム 「おにく」 (あけぼの・山鼻地区)

  • 一回戦
  • 方向オンチで よかった、わたし。
  • トイレだけじゃない ワタシの居場所。
  • おじさん、 残業やめれば?
  • あき地もグローブもある。 あとは、 いそのをさがすだけ。
  • おはよう、八百屋さん。 おかえり、椿姫さん。
  • 決勝戦
  • キレイなだけの 街並みは すきですか?
  • 正しいヤツには あえない道がある。
  • さよなら、 オサイフケータイ。
  • ガタン。ゴトン。 ごめん。いいよ。 ひとの音が流れる。
  • くずれそうな アパートの窓にも 「がんばろう日本」

<3位>
チーム 「New貴族院」(すすきの・東本願寺周辺エリア)

  • 一回戦
  • ホストがダッシュしてた。
  • 60分だけ 愛してる。 延長込み
  • 〜 〜 〜
  • CHU!CHU!キノ
  • 小道の方が 世界は広い。
  • 三位決定戦
  • まだ寝てる、街が。
  • 猥 猥 (わいわい)
  • 愛、売ります。
  • 知りたくないから、出て行った。
  • うそほんと うそうそほんと うそほんと

<4位>
チーム 「カリー」 (札幌駅周辺エリア)

  • 一回戦
  • 人にチカい 歩行空間
  • 雪の降る駅、手を振る二人。
  • 120センチの あの子だって 札幌一のノッポさん。
  • ここで迷子になれたら 本物です。
  • 「本州よりも あったかい 自信があります。」
  • 三位決定戦
  • 方向音痴が 迷ってない!!
  • 「がっかりするか 確かめに来なさい。」 時計台
  • ここなら待てる、 時間にルーズな 彼のことも。
  • 「とりあえず、サツエキ。」 無計画なデートの日に。
  • どうも、道庁のガイドです。 茨城出身です。

SMFコトバ・ワークショップ2011「私のイチオシ賞」

  • 「池端宏介」賞:
     方向オンチで よかった、わたし。
     関根ちひろ(札幌市立大学4年)
  • 「東井崇」賞:
     「本州よりも あったかい 自信があります。」
     田中奈緒(北海道芸術デザイン専門学校2年)
  • 「長岡晋一郎」賞:
     資生館小学校の裏庭で、 おとながかくれんぼ。
     米田香菜子(札幌市立大学4)
  • 「三枝史子」賞:
     CHU!CHU!キノ
     中村春香(札幌市立大学4年)
  • 「三浦清隆」賞:
     うそほんと うそうそほんと うそほんと
     中村葉月(札幌市立大学3年)

SMFコトバ・ワークショップ2011 ダイジェスト