Top | Media Art Trial & Exhibition| Conversation| Lecture & Seminars| Workshop & Counseling
Porto| Time Table| About| Report
Lecture&Seminars
最先端テクノロジーの話題から地域に密着したビジネスの話題まで多彩なプログラム。
クリエイターのみならず、一般・企業の方にも参考にしていただきたい内容です。
講演
次世代映像制作のあり方
11月24日(金)13:20〜14:20 1Fポルトホール/●定員:400名(先着入場順)●入場無料
講師:松木靖明 株式会社アイデンティファイ代表取締役
映画、CM向けCG制作及びデジタル特殊効果の企画と演出、独自の技術開発の中で、VisionaryArt―通常の生活では得ることのできない視覚体験、あるいは想像の範疇を超えるあらゆる視覚イメージの探究を手がけてきた松木氏。その過程で、ハリウッド映画制作に参加など、国際的な仕事の実績とネットワークを生かし、品質の良い映像の制作を常に心がけています。本講演においては、コンテンツ世界観の構築と神話的世界の類似性、社会的記憶(共通体験)としての映像コンテンツの意味などを明らかにし、デジタル映像の将来像を考えます。
松木靖明松木靖明 Yasuaki Matsuki
VFXスーパーバイザー/映像演出。NHKエンタープライズCGルームのディレクターを経て独立、1994年にCGプロダクション株式会社アイデンティファイ(EYEdentify Inc.)を設立。コラボレーションをテーマに、国内外の様々なジャンルの人々とのネットワークを生かした幅広い仕事を手がけている。97年、EYEdentifyがCG制作に参加したハリウッド映画「SPAWN THE MOVIE」が日本でも公開。同年、東京コレクションにおいてイッセイミヤケメンのファッションショーのために映像を制作。また、CGIアートディレクションを務めた映画「白痴」が1999年ヴェネチア国際映画祭にて"FUTURE FILM FESTIVAL DIGITAL AWARD VENEZIA 1999"を受賞。2004年、JR東日本TV-CFSKIキャンペーン「Triple Jump」篇にてACCベスト映像技術賞を受賞。最新作に、ANA新・羽田ターミナル告知TV-CF「滑走路ダンス」篇、企画・演出を行ったNAKABAYASHI TV-CF「鶴と日本庭園」篇、GUNDAM EV../09等がある。
講演
次代を担うクリエイターたちへ
11月24日(金)14:30〜15:30 1Fポルトホール/●定員:400名 ●入場無料
パネラー:松木靖明 株式会社アイデンティファイ代表取締役
 武邑光裕 札幌市立大学デザイン学部教授
 久保俊哉 インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC)チーフコーディネーター
司会:伊藤直哉 北海道大学大学院国際広報メディア研究科助教授
武邑光裕武邑光裕 Mitsuhiro Takemura
札幌市立大学デザイン学部教授、付属図書館長。1954 年東京生。日本大学芸術学部専任講師、京都造形芸術大学情報デザイン科助教授、同大メディア美学研究センター所長、東京大学大学院新領域創成科学研究科メディア環境学分野助教授を経て本年4 月より現職。専門はメディア美学、デジタル・アーカイブ情報学、創造産業論。著書に「記憶のゆくたて_デジタル・アーカイブの文化経済」(東京大学出版会)など多数。2003 年、著書「記憶のゆくたて」で第19 回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。
久保俊哉久保俊哉 Toshiya Kubo
ICCチーフコーディネーター、有限会社マーヴェリック・クリエイティブ・ワークス代表取締役。1957年小樽生まれ。日本大学芸術学部卒業。広告代理店、外資系ゲーム会社、CGプロダクション等を経て独立。メディアプロデューサーとして、コンテンツ、クリエイター、イベントなどのプロデュースを手掛けている。
伊藤直哉伊藤直哉 Naoya Ito
北海道大学大学院国際広報メディア研究科助教授。1958年東京生まれ。カトリック・ルーヴァン大学(ベルギー)大学院言語学科博士課程修了後、同大学高等哲学社会研究所研究員、北海道大学言語文化部助教授を経て2000年より現職。主な専門領域は、情報戦略論、ブランディング論、観光振興論等。
クリエイティブセミナー
素敵なのはもちろんいいけど、「伝わりやすさ」をどうする?
11月24日(金)16:30〜17:30 6F会議室B/●定員:60名(先着入場順)●入場無料
講師:高木敏光 株式会社タカギズム代表取締役
高木敏光高木敏光 Toshimitsu Takagi
早稲田大学文学部美術専修卒業後、翻訳会社での勤務を経て、株式会社データクラフト入社。1991年頃より、マルチメディアコンテンツの制作に携わる。Macromedia Authorized Supervisorとして多くのセミナーやトレーニング及び執筆活動を行う一方で、1994年以降、インターネット上に活動の主体を移す。2005年「株式会社タカギズム」として独立。現在も実作者として、アニメーションやインタラクティブコンテンツを制作し続けている。主要著書に「高木工務店(BNN)」など。
ビジネスセミナー
北海道の「食」「観光」そして「パッケージデザイン」
11月25日(土)14:00〜15:30 1Fポルトホール/●定員:400名(先着入場順)●入場無料
たとえば、道の駅に行って地場産のジュースを買って帰ろうとします。でも、買わずに終わった、という経験はありませんか。パッケージデザインが悪いのです。
講師:ヒロ中田 リクルート北海道じゃらん編集長
ヒロ中田ヒロ中田 Toshimitsu Takagi
本名・中田博人。札幌市在住。46歳。(株) リクルート北海道じゃらん発行の「じゃらん北海道発」「おとなのいい旅 北海道」の編集長。 出身は広島県の呉市。東京で10年半、大阪で5年半過ごし、1996年4月から北海道。 残りの人生を北海道の「食」と「観光」活性化に賭ける。
Top | Media Art Trial & Exhibition| Conversation| Lecture & Seminars| Workshop & Counseling
Porto| Time Table| About| Report