| トライアルについて | 応募要項 | 出品作の展示 | 各賞選考方法 |
「札幌メディア・アート・トライアル」応募要項

日時・会場
展示日時(予定):2006年11月24日(金),11月25日(土) 10:00 -17:00
プレゼンテーション日時:(予定) 2006年11月24日(金)
午前の部・午後の部
会  場(予定):浅井学園大学 北方圏学術情報センターPORTO
(札幌市中央区南1条西22丁目1番1号)

参加形態
  • 学校(学部・学科・研究室などの)単位で参加(ただし、各学校選抜チーム1組)
  • 学生個人単位での出品、複数チームの出品はできません。
    次の学校にご協力をお願いしております。( 順不同)
    北海道大学様、北海道教育大学様、札幌市立大学様、浅井学園大学様、札幌国際大学様、道都大学様、北海道情報大学様、 北海道東海大学様、札幌大谷短期大学様、北星学園大学短期大学部様、北海道芸術デザイン専門学校様、北海道造形デザイン専門学校様、札幌デザイナー学院様、デジタルハリウッド札幌校様、札幌平岸高等学校様、他

テーマ

21世紀の社会において不可欠なキーワードである「ゴミ問題」は、モラルやマナー、 そして環境負荷への懸念などといった、たくさんの重要なキーワードを抱えております。
それらをデザイン<メディア・アート>の立場から捉えていただきたく、本テーマを設定しました。
私たちの身の回りでゴミ問題を眺めただけでも、 例えば「カラスによってゴミステーションが荒される」、「決められた曜日にゴミを出せない」、 「ゴミの分別方法が難しくて把握できない」、「タバコの吸殻や空き缶などが道路に捨てられている」 というような現象をはじめ、さまざまな問題点が浮かび上がってきます。
こういったゴミにまつわるさまざまな問題点に対し、 製品パッケージ、ポスター、Webサイト、プロモーション映像、ゴミステーション、ゴミ袋、 ゴミ収集システムなどといった、多種多様なデザイン<メディア・アート>アプローチによって 解決方法もしくは新しい価値観を明示し、 人間社会と自然との共生の先進地域である北海道で、「ゴミ問題」の新たなモデルの構築に つなげていけるようなご提案をお待ちしております。


作品形態
  • メディア、表現の形態は自由です。
  • 各学校の展示ブース内にて展示可能なサイズ・形状とします。
  • (PC /映像機器等が必要な場合、各学校でご用意ください。)

出品方法
  • 参加申込:9月29日(金)必着
    (9ページにある参加申込票を、事前に提出してください。)
  • 申込送付先: 札幌メディア・アート・フェスタ事務局
    〒060-0817札幌市北区北17条西8丁目
    北海道大学大学院国際広報メディア研究科助手室
    (担当:内田純一)
    FAX(TEL)011-706-5285
  • 搬  入:11月23日(木)15:00-17:00(展示作業は各出品学校ご担当者に行っていただきます。)
  • 参加費:1校につき1ブース5万円
  • 複数ブースのスペースを使って展示希望の場合は、別途ご相談ください。
    参加申込受付後、事務局より請求書を郵送いたしますので、
    10月末日までに所定の銀行口座に参加費をお振込ください。