札幌メディア・アート・フォーラム会則

第1条(名称)

本会は、札幌メディア・アート・フォーラムと称する。英名はSapporo Media Art Forum(略称SMF)とする。

第2条(目的)

本会は、北海道におけるメディア・アートに関わる、人材の育成および情報文化の発展と産業の振興、研究の促進に取り組むことを通して、北海道におけるメディア・アートの発展に資することを目的とする。

第3条(事業)

本会の目的を達成するために、情報文化学会北海道支部、札幌市、関連教育機関、関連企業などと連携して、以下の事業を行なう。

  • (1)札幌メディア・アート・フェスタ(イベント)の開催。
  • (2)ワークショップの開催。
  • (3)研究会の開催。
  • (4)講演会・シンポジウムの開催。
  • (5)教育コンソーシアムの運営。
  • (6)その他、メディア・アートの振興に関すること。

第4条(会員)

  1. 本会は、本会の趣旨に賛同する教育機関、研究組織、メディア・アート振興団体、企業、自治体などの機関および個人によって構成する。
  2. 会員は、個人会員と団体会員、賛助会員とする。
  3. 本会に入会しようとする者は、会費を添えて入会申込書を運営委員長宛提出し、運営委員会の承認を得なければならない。
  4. 会員で退会しようとする者は、退会届けを運営委員会へ提出しなければならない。

第5条(組織)

本会に、総会、運営委員会、事務局、会計監査をおく。

第6条(総会)

  1. 総会は、必要に応じて運営委員長が召集する。
  2. 総会は、その他、会運営上の重要事項を審議する。
  3. 総会は、委任状を含め会員の四分の一の出席を以て成立し、出席者の二分の一の賛成を以て決する。

第7条(運営委員会)

  1. 本会に運営委員会をおき、本会の運営に関する業務を行なう。
  2. 運営委員会は、事業計画、会計計画の作成、事業報告、会計報告の作成と運営を行なう。
  3. 運営委員会は、事業計画、会計計画、事業報告、会計報告、会計監査、規約の改正について審議する。
  4. 運営委員会委員は、会員の中から互選する。任期は2年とし再任は妨げない。
  5. 運営委員会に、委員長1名、副委員長2名、事務局長1名。
  6. 運営委員長は、運営委員の中から互選する。運営委員長は本会を代表し、運営委員会を主宰する。
  7. 運営副委員長は、運営委員の中から互選し、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその任務を代行する。
  8. 事務局長は、運営委員の中から互選し、事務局業務、会計を主宰する。
  9. 運営委員長は、運営委員会の議を経て、その他、会運営に必要な担当委員をおくことがきる。

第8条(事務局)

本会の事務局は、事務局長の所属機関内におく。

第9条(会計監査)

会計監査は、会員の中から互選し、会計の監査を行なう。

第10条(会費)

  1. 会費は、年会費、協賛金、寄付金、参加費、各種助成金を以てあてる。
  2. 会費は、別に定める。
  3. 会計年度は、毎年4月1日から翌3月31日までとする。

附則

  • 本会則は、2006年2月21日から施行する。
  • 本会則は、2006年12月14日から施行する。
  • 本会則は、2010年4月1日から施行する。


札幌メディア・アート・フォーラム会計規則

1条(会費)

会費は、個人会費、団体会費、賛助会費、協賛金、寄付金、参加費とする。

2条(個人会費)

  1. 個人会費は、一人年額1,000円とする。
  2. 個人会費は、毎年年度当初に納めることとする。

3条(団体会費)

  1. 団体会費は、一団体年額50,000円とする。
  2. 団体会費は、毎年年度当初に納めることとする。
  3. 団体会費は、当該団体の本会主催事業への参加費等をもってあてることが できる。

4条(賛助会費)

  1. 賛助会費は、一口10,000円とする。
  2. 賛助会費は、一口以上を納めることとする。

5条(その他の会費等)

本会は、事業開催にあたり、協賛金、寄付金および参加費を受けることができ る。

附則

  • この規則は、2010年4月1日から施行する。